Adverification Blog by Momentum

【週刊アドベリニュース】11月4日号

Nov 4, 2020 5:22:45 PM / by 中川 剛

今週は下記のニュースを取り上げます。

━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・YouTube 、新しい「広告隣接基準」で問題解決を図る:ブランドセーフティからブランドスータビリティへ

・全米レコード協会がYouTubeダウンローダーに目を付けた

・DoubleVerify, a specialist in brand safety, ad fraud and ad quality, raises $350M

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・YouTube 、新しい「広告隣接基準」で問題解決を図る:ブランドセーフティからブランドスータビリティへ

引用元:https://digiday.jp/digiday_plus/as-youtube-adopts-new-standards-the-transition-from-brand-safety-to-suitability-is-accelerating/https://digiday.jp/?p=255843

 複雑さを増したアドテクノロジーを完璧に利用して、自社の広告配信を管理し、ブランドセーフティの基準を満たすことは難しくなっているのではないでしょうか。テキスト情報のない動画領域のブランドセーフティの管理はより難しくなると記事内で紹介されています。その点において、広告プラットフォームとしてのYouTubeは、「責任あるメディアに向けた世界同盟(Global Alliance for Responsible Media。以下GARM)が定義する標準に基づいて、問題解決を図ろうとしている。」(引用ママ)とのことです。

 筆者は、プラットフォーマーとしてYouTubeサイドも上記問題解決を図ろうとしていることはとても誠実な印象を受けます。ただし、ブランドセーフティの対策の内容がブラックボックス化してしまうと、自社のブランドセーフティの基準を満たしているか確認するのは至難の業かもしれません。

 MomentumのYouTube広告向けのアドベリフィケーションサービスHYTRA DASHBOAED Channel Safe Listですと、システムで分析した結果をもとに、人の目でも確認して配信推奨チャネルかどうかを判断し、広告を配信することを推奨するチャンネルをリストアップし、日々更新しております。

 大手プラットフォーマーの対応については今後も注視していきたいと思います。

 

・全米レコード協会がYouTubeダウンローダーに目を付けた

引用元:https://jp.techcrunch.com/2020/10/27/2020-10-23-the-riaa-is-coming-for-the-youtube-downloaders/

 Momentumとしても著作権侵害サイトに対しては、広告配信をブロックするようにプロダクトセットアップをしています。しかし、こちらは全米レコード協会が、違法ダウンロードサイトではなく、YouTubeダウンローダーに対して削除要請を出している(一部削除されたものもあるようです)という内容になります。

 YouTubeダウンローダー自体はあくまでツールであり、それ自体が違法なツールではありません。このようなトピックは姿を変えて、度々話題に上がることがあると思います。例えば、コピープロテクションされたCDが出始めたときの議論などを思い出される方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 下記の「無許諾音楽アプリ」に関するアンケート調査でも、無許諾音楽アプリのユーザーは減少傾向にあり、違法コンテンツ対する不信感は広がってきていると思われます(参考:「無許諾音楽アプリ」に関するアンケート調査https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002626.000001594.html)。ツール自体は著作権侵害ではなくても、そのような利用方法が可能なツールに対して削除要請が出ています。日本でも、著作権法が改正され、世間の目はより厳しくなっています。違法なチャンネルやアプリに対して広告を配信せず、広告費を支払うことないような対策が今後必須になっていくかもしれません。

 

・DoubleVerify, a specialist in brand safety, ad fraud and ad quality, raises $350M

引用元:https://techcrunch.com/2020/10/28/doubleverify-a-specialist-in-brand-safety-ad-fraud-and-ad-quality-raises-350m/

 グローバルでアドベリフィケーションビジネスを手掛けているDoubleVerify社が2020年第4四半期に3億5,000万ドルの新規投資を完了させる予定です。この大型投資は、アドベリフィケーション市場への期待の大きさの現れと捉えることができます。

 「無価値なインターネット広告をゼロにする」という事業理念のもと、Momentumも日々プロダクトのアップデート及び開発を行っています。インターネット広告業界の健全化に向けて引き続き精進してまいります。

 

Tags: 週刊アドベリニュース

中川 剛

Written by 中川 剛